めぐりあう時間たち

アメリカン・アンティークです→
     (ぜんぶ現役)

ご存知、二コール・キッドマンが2003年アカデミー最優秀主演女優賞に輝いたこの映画。

原題も、そのものずばり 「THE・HOURS」

【シネマの中の時計】・・・1回目に取り上げるには、まさにうってつけかも〜

1923年のイギリス、1951年のアメリカ、そして現代のニューヨークと、どの舞台も魅力たっぷりで、ウキウキしてしまいます。

難解と言われているこの映画は、お気に入りの小説を何度も読み直すように、繰り返して見る事をお勧めします。 

とても奥深いストーリーと、よくできた脚本です。

見るたびに新しい発見があり、、ジグゾーパズルを組み立てるように、さりげないシーンがピタッと符丁していきます。

映画のストーリーは、他の方にお任せすることにして、私なりの映画の鑑賞の楽しみ方のひとつは、インテリアだったり、ファッションだったりします。

そして、つい手元に目が行ってしまうんですよね。

1923年のヴァージニア・ウルフは、お姉さんと別れるシーンで、ほんのちょっと時計が見えます。

あまりにもほんのちょっとなので、丸い時計らしいということしかわかりませんでしたが、私の独断的時代考証で、「1923年のイギリスならこれでしょう」というのが左上写真です。

アールデコの時計にリボンベルトです♪

他にも、イギリス郊外のお屋敷のインテリアは素晴らしいので、一見の価値ありです。

そして、これからが本題。1950年代の主婦として、ジュリアン・ムーア演ずるところの「ローラ・ブラウン」が登場します。

古き良きアメリカを象徴する物が、いっ〜ぱい出てくるので、この時代のアンティークファンなら、よだれものです。

(映画に出てきたトースターと目覚まし時計は、似たような物を持っていました↓)

ジュリアン・ムーアの腕には、ダイヤいっぱいの宝飾時計が・・・!

長い時間、映っているわりには、今ひとつ映像がハッキリしてないのですけど、私はハミルトンの宝飾時計とみたね(笑)

なんたって、アメリカ黄金時代の時計といったら、ハミルトンでしょう。

ベルトは、エクスパンションの金属ベルトでした。

それで、これまた私の独断的想像の写真は、右側上のハミルトンの時計です。

映画を観るときは、みなさんも、ぜひ目をこらして時計を見てくださいね。

私の友人は、この映画を見たあと「ニコールキッドマンが、出てこなかったね」と、のたもうた(汗)

(それほど、良くできた付け鼻で、登場します)

あと、アメリカのケーキにびっくりしたのは、私だけでしょうか?